菊芋を選ぶならこれを試してから

この度は、当店の菊芋に関心を持っていただき、ありがとうございます。
私たち菊芋普及会は、糖に関する数値で永くお悩みの方に、菊芋商品を提供して20年になります。これまでに、多くの皆様にご愛用いただき、大変喜ばれている理由は、「菊芋の有効成分であるイヌリン(水溶性食物繊維)量がダントツに多い」ことにあります。

菊芋の原産地は北アメリカで、もともと北緯52度より寒い地域に自生していました。菊芋普及会では、菊芋本来のイヌリン量や品質を損なわないように、同じ気候のドイツで、完全自然農法で栽培した菊芋を採用しています。

近頃は菊芋もTVで紹介されたりして知名度も上がってきていますが、「菊芋の本質」を知らずに栽培・加工したものや、販売されているものが多く見受けられます。ぜひ、お客様におかれましては菊芋に対する正しい知識を持っていただくと共に、菊芋の品質をしっかり見極めて、気になる数値改善のお役に立てていただければ、大変うれしく思います。

「なぜ、ドイツ産の菊芋が良いのか?」知りたい方はスクロールして『菊芋とイヌリンのことが良くわかるQ&A』をお読みください。

 

菊芋普及会になんでもご相談ください

 

 

まずはお試しください!

 

  • お届け
    郵便物と同じようにポスト投函になりますので、配達日時のご指定はできません(クロネコ便)。
  • お支払い方法
    「クレジットカード」か「コンビニ・郵便局での後払い」になります。
    「コンビニ・郵便局での後払い」の場合は、商品到着後10日程で請求書が郵送されます。
    緑色の封筒で「クロネコ代金後払いサービス」と表示されています。

 

お試しサンプルは1住所に1サンプル、1回限りですので、予めご了承下さい

お試しサンプルのご注文はこちら

※ 一つのお電話番号登録で1サンプルとなりますので、ご了承下さい。

お電話でのご注文は0120-813-713

ご相談・ご質問等は直接 福井の携帯でもお受けしております。

 

 

菊芋普及会の菊芋はここが違う!

こだわり1

原産地と同じ気候のドイツで育てています

ドイツで育てています菊芋の原産地は北アメリカで北緯52度より北の寒い地方で自生していたとされています。アメリカ開拓時代には、ヨーロッパからの移民が厳しい寒さの中で次々と倒れていく中、菊芋を食べていた先住民だけは元気に働いていたとの逸話も残っています。このような素晴らしい食効を持つ元来の菊芋は、やはり同じ気候でしか栽培できないのではないでしょうか。そのような観点からも、ドイツの畑は北緯52度より北にあり、原産地と同様の気候環境が得られ、元来のイヌリン豊富な菊芋が栽培できるのです。

 

こだわり2

農薬や人工肥料を使わず栄養豊富な畑で育てています

ドイツの畑では、農薬等もちろん有機肥料といわれる人工的な肥料も一切使わず、一歩先行く自然農法で育てています。さらに土壌を豊かにするために12~13種類の雑草を植え、ミミズがうじゃうじゃ生息できるような環境にしています。だから栄養豊富な土壌がつくれ、その栄養をしっかり菊芋が吸収するので、イヌリン豊富な菊芋が育つのです。さらに、残留農薬や化学物質を全く使用していませんので、安心して口にすることができます。

 

こだわり3

厳格な審査が行われるドイツのレホルム製品原料に認定

「自然環境を守り、健康に暮らそう」そんな願いから始まったのが、ドイツの「レホルム運動」です。ドイツでは100年の歴史があり、環境汚染やかたよった栄養摂取、そして食品添加物などが無原則に使われている今日、自然との調和を見直そうという働きかけになります。
これらの運動の歴史的な過程の中で培われた製品を「レホルム製品」といいます。これらは、農薬などで汚染されていない土壌で栽培された農作物を主原料として用いています。「レホルム製品」は財団法人ドイツ・ノイホルム協会により次の条件を満たすことが規定されています。

1:総合的に健康維持や予防医学の面で役立つ食品
2:家庭医療、健康維持に有益な自然食品、特に食品添加物や残留農薬を含まない安全な原料を用いること
(その他、他項目にわたる規格基準が規定されています)

当店の使用している菊芋は、このような厳格な規格基準を満たした「レホルム製品」の原料としても使用されている安心・安全・高品質な菊芋です。

レホルム製品に付与される安心安全のノイホルムマーク

 

こだわり4

連作障害を防ぐために毎年場所を変えて育てています

菊芋は非常に生命力が強い植物。その強さは、畑の土に含まれる栄養素を全て吸収してイモに蓄えてしまうため、一度収穫したら翌年は同じ畑では栽培ができなくなるほどです。だから、上質な菊芋を毎年収穫するためには、膨大な広さの畑が必要になるのです。ドイツでは何と10エーカー(約4,046㎡、12,240坪)という広大な畑の中で、毎年場所を変えて栄養成分たっぷりの畑で菊芋を栽培しています。また、一度収穫した畑は2年間休ませて、畑の地力を回復させて3年目に栽培する徹底ぶりです。

毎年場所を変えて栄養成分たっぷりの畑で菊芋を栽培

 

こだわり5

成分劣化を防ぐために畑のそばの工場で素早く加工

収穫した菊芋は素早く加工することが重要です。なぜなら、収穫後の菊芋はイヌリンの量がどんどん減っていき、代わりに果糖に変わっていくからです。当店の菊芋は、畑のすぐそばの最新鋭設備を整えたイヌリン抽出工場で、『収穫→選別→洗浄→皮むき→搾汁→濃縮→凍結乾燥(フリーズドライ)→粉末化』という工程が素早く行われ、さらに洗浄以降の工程では人の手を一切加えない衛生面にも管理が行き届いた優れた製造環境で菊芋エキスを抽出します。

畑のそばの工場で素早く加工

 

こだわり6

製品化は日本で行っています

ドイツから抽出されたイヌリンを輸入し、最終的な製品化は日本のHACCP認定工場(原材料の受入から最終製品までの各工程に、微生物による汚染、金属の混入などの危害を予測した上で、危害の防止につながる特に重要な工程を継続的に監視・記録する工程管理を行っている工場)で実施、完成品の安全性が保障されています。

 

こだわり7

主成分イヌリンを多く含有。体への吸収が良いドリンクタイプ

当店の菊芋は、液体なので飲みやすく体への吸収が早いことが特徴です。そのため、錠剤やカプセルに比べ効果を早く実感できます。また、液体にすることによりイヌリン含有量を増やすことが可能になり、より効率よくイヌリンを摂取することができるのです。
これらのドリンクタイプによるメリットは、凍結乾燥(フリーズドライ)機器をはじめとする最新設備と、手間がかかる複雑な製造工程により初めて実現可能となりました。簡単には他社が追随できない唯一無二の製法です。

レホルム製品に付与される安心安全のノイホルムマーク

 

こだわり8

栽培から製品化まで手間がかかる分イヌリン量が違う

原産地と同じ気候のドイツで、農薬や人工肥料を使わず栄養豊富な畑で栽培し、連作障害を防ぐために10エーカーもの広大な畑で、毎年場所を変えて栽培。さらに、成分劣化を防ぐために、畑のすぐそばの最新鋭設備が整った工場で菊芋を加工しエキスを抽出しています。そのため、ほかの菊芋製品と比べて「イヌリンの量が全く違う」のです。

 

 

お試しサンプルのご注文はこちら

 


菊芋とイヌリンのことが良くわかる Q&A

  • 菊芋とはどんなものですか?
  • 菊芋は北アメリカ原産のキク科の植物。後にヨーロッパ各地に伝えられました。秋にヒマワリのような直径10㎝ほどの花を咲かせた後、地中にショウガの形に似た多くのイモを作ります。寒さの厳しい土地に適応してきたため、非常に生命力が強いことで知られています。その強さは、畑の土に含まれる栄養素をすべて吸収してしまうため、一度収穫したら翌年は同じ畑では栽培できないほどです。

菊芋の花と根

  • 菊芋はなぜ「糖の悩み」に良いのですか?
  • 「糖の悩み」を解消する菊芋の効果は主成分の「イヌリン」によって生み出されます。菊芋は下記図のように「イヌリン」が豊富に含まれているのが特徴です。このイヌリンは身近な食べ物では、ニンニクやゴボウにも含まれていますが、その含有量は圧倒的に「菊芋」が一番多いといわれています。また、菊芋にはミネラルやビタミンも豊富に含まれており、「イヌリン」とミネラルやビタミンの相乗作用で菊芋の驚くべき食効が生み出され「糖の悩み」を解消するのです。このような働きから菊芋は「天然のインシュリン」とも呼ばれています。

菊芋の成分比較

  • 菊芋のイヌリンがどのような仕組みで「糖の悩み解消」に働くのですか?
  • イヌリンは糖の仲間ですが、それを食べてもほとんど吸収されません。人の消化官にはイヌリンを吸収できるほど小さく分解する酵素が存在しないのです。そのため、イヌリンは糖類でありながら、きわめて低カロリーで、なおかつ一緒に摂取した別の糖の吸収を阻害する力もあります。
    水溶性食物繊維であるイヌリンは、胃腸を通過するときに水分を吸着してゲル状になり、腸内の糖をからめとって一緒に体の外に持ち出してくれるのです。イヌリンのこうした働きが食後の数値の上昇を防いでくれるのです。

糖の悩み解消

  • TV番組で菊芋のイヌリンは「中性脂肪」を減らすと放送されていましたが本当ですか?
  • 本当です。食事でとったイヌリンは、体内にはほとんど吸収されず、胃から腸へ移動する間に水分を吸収してゲル状になり、一緒にとった食事中の「糖」や「コレステロール」とともに、「脂肪」もからめとって体外へ持ち出してくれるのです。だから、イヌリンが胃や腸にたくさんあると、体内に吸収される脂肪の量が大幅に減ることになるのです。
    また、健康的なダイエットとしても効果的で、水溶性食物繊維であるイヌリンは、胃の中で水分を吸収してふくらむため、菊芋を食べると満腹感が得やすくなり、食べ過ぎ防止にも役立ちます。
  • 菊芋のイヌリンは腸内の善玉菌を増やす働きがあると聞いたのですが本当ですか?
  • 本当です。イヌリンは胃や腸を通過する過程で、その一部が「フルクトオリゴ糖」に変化します。「フルクトオリゴ糖」は乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌の大好物で、これが腸に届くと乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が元気になって、どんどん増えていくのです。腸内で善玉菌が増えると、体は健康に保たれやすくなり、お通じも調子が良くなります。
  • なぜ、ドイツ産の菊芋が良いのですか?
  • 理由がいくつかありますのでポイントごとに説明します。
  • 完全無農薬自然栽培を実践しているから、栽培する畑の土壌品質を高く保つことができ、安心安全でイヌリンを多く含有する元来の菊芋が育つ
    ドイツは自然農法や環境基準に非常に厳しい国として知られていますが、ドイツの畑では、農薬等はもちろん、有機肥料と言われる人工的な肥料も一切使わず、一歩先行く全くの自然農法で育てています。さらに土壌を豊かにするために12~13種類の雑草類を植え耕しミミズが生息できるような環境にしています。だから栄養豊富な土壌がつくれ、その栄養をしっかり菊芋が吸収するので、イヌリン豊富な菊芋が育つのです。さらに、残留農薬や化学物質を気にする必要がありませんので、安心して口にすることができます。
  • 畑全体の面積が広大で、毎年違う場所で栽培できるので、栄養豊富な土壌の栄養をたくさん蓄えたイヌリン豊富な元来の菊芋を安定的に収穫できる
    菊芋は非常に生命力が強い植物として知られています。その強さは、畑の土に含まれる栄養素を全て吸収してイモに蓄えてしまうため、一度収穫したら翌年は同じ畑では栽培ができなくなるほどです。仮に栽培できたとしても、採れるものは元来のイヌリン量豊富な菊芋からはほど遠いものになります。だから、上質な菊芋を毎年収穫するためには、膨大な広さの畑が必要になるのです。
    ドイツでは何と10エーカー(約4,046㎡、12,240坪)という広大な畑の中で、毎年場所を変えて栄養成分たっぷりの畑で菊芋を栽培しています。また、一度収穫した畑は2年間休ませて、畑の地力を回復させて3年目に栽培する徹底ぶりです。このように、菊芋栽培の上で一番大切な「栄養成分豊富な畑」を維持し、毎年安定的に収穫するためには、広大な土地、畑が必要になるのです。
  • 菊芋の原産地北アメリカと同じ気候だから、イヌリンを多く含有する元来の菊芋が育つ
    「全ての生物は環境に適応し子孫を残していく。やがて長い年月をかけて、元のものとは違う新しい種が生まれる」、かの有名なダーウィンの自然選択説です。彼はガラパゴス諸島で、「これらの島に住むヒワやゾウガメなどの生物は、確かにもとは同じ一つの種であったにもかかわらず、海に隔てられ別々な環境で暮らしているうちに、いつの間にかそれぞれの島の環境に適応し、まったく違った形や性質を身につけるようになっていた」ということを発見しましたが、菊芋にも同様なことが当てはまると考えています。菊芋の原産地は北アメリカで北緯52度より北の寒い地方で自生していたとされています。アメリカ開拓時代には、ヨーロッパからの移民が厳しい寒さの中で次々と倒れていく中、菊芋を食べていた先住民だけは元気に働いていたとの逸話も残っています。
    このような素晴らしい食効を持つ元来の菊芋は、やはり同じ気候でしか栽培できないのではないでしょうか。そのような観点からも、ドイツの畑は北緯52度より北にあり、原産地と同様の気候環境が得られ、元来のイヌリン豊富な菊芋が栽培できるのです。


  • 畑のすぐそばに最新鋭設備を整えたイヌリン抽出工場があるから、イヌリン量が最大状態の菊芋から素早くイヌリンを抽出できる
    収穫した菊芋は素早く加工することが重要です。なぜなら、収穫後の菊芋はイヌリンの量がどんどん減っていき、代わりに果糖に変わっていくからです。例えば、菊芋を収穫後1ヵ月ほど放置しておくと、甘みが増します。これは、まさに果糖が増えた証拠で、味は美味しくなりますが、イヌリンは減少し、カロリーも増えます。したがって、菊芋からイヌリンを抽出するには、収穫してからすぐに素早くイヌリンを抽出する必要があるのです。ドイツの菊芋は、畑のすぐそばに、最新鋭設備を整えたイヌリン抽出工場があるので、『収穫→選別→洗浄→皮むき→搾汁→濃縮→凍結乾燥(フリーズドライ)→粉末化』という工程が素早く行え、さらに洗浄以降の工程では人の手を一切加えない衛生面にも管理が行き届いた優れた製造環境でイヌリンを抽出します。


  • 過去に日本産やオーストラリア産などの菊芋も試した結果、ドイツ産にたどり着いた
    当店は、この素晴らしいドイツ産の菊芋に出会う前に、国産はもちろん、オーストラリア産、中国産、と様々な原産地の菊芋を原料として製品化してきましたが、イヌリンをはじめとする有効成分の含有量や、天候や土壌・畑の狭さによる不安定な収穫量、農薬・化学肥料を使うといった問題などから、いまひとつ良い結果が出ませんでした。そこで、「理想的な菊芋はどこかにないか」と、綿密に調査した結果、ようやくこの素晴らしいドイツ産菊芋に出会えたのです。
    菊芋は原産地の北アメリカから世界に広まったのですが、まず17世紀にヨーロッパ各地に伝わりました。そのせいか、世界的には「菊芋の特産地はヨーロッパ」ということが広く知られています。


 

お試しサンプルのご注文はこちら

 

お客様からの直筆のお手紙紹介

 

お客様からの直筆のお手紙

 

お客様からの直筆のお手紙

 

お客様からの直筆のお手紙

 

お客様からの直筆のお手紙

こんな方にご利用、ご継続いただいています

 

 

まずはお試しください!

 

  • お届け
    クロネコDM便(ポスト投函)でお送りするため配達の日時指定はできません。
  • お支払い方法
    「クレジットカード」か「コンビニ・郵便局での後払い」になります。
    「コンビニ・郵便局での後払い」の場合は、商品到着後10日程で請求書が郵送されます。
    緑色の封筒で「クロネコ代金後払いサービス」と表示されています。

 

お試しサンプルは1住所に1サンプル、1回限りですので、予めご了承下さい

お試しサンプルのご注文はこちら

※ 一つのお電話番号登録で1サンプルとなりますので、ご了承下さい。

お電話でのご注文は0120-813-713

ご相談・ご質問等は直接 福井の携帯でもお受けしております。

 

 

商品についてはもちろん血糖値のこと体調など、なんでもご相談ください!